• てんかん薬とアルコールやNSAIDsとの併用は注意

    2016年7月10日

    ミオクロニー発作は、手や足を左右に不規則に震わせる症状です。特に「若年ミオクロニーてんかん」が良く知られており、8~30歳の間の、特に思春期に多い病気となっています。症状としては、欠神や全身強直間代発作となっています。発作が起こると、上肢を突然震わせることが多く、持っているものを落としたりします。発...

    記事の続きを読む