てんかんの年齢層

てんかんの素因と暴れることについて

てんかんというと、とても怖い病気のように感じる方もおられますが、日常的にも、てんかんの素因を持っておられながら、しっかりと働いて、社会人をされている方は多くおられます。

てんかんの場合、突然、暴れることなどがあり、また同時に、リストカットなどを行なってしまうケースなどがあり、また突然、勤務中に、または学校などに通っているときに、病気の関係で、転倒してしまったり、意識を失ってしまうということがあります。

このような時、意識がなくなってしまうことなどもあり、そのため、とても注意が必要となっている病気ですが、治療などで薬などを処方され、それから、病気などを治す、またはじょじょに良くしていく、このように診察などがなされています。

幼少にこのようなてんかんが見つかるケースというものは、上記のように、突如、倒れてしまう、保育園や幼稚園で倒れてしまい、病院で検査をしたところ、この病気であった、ということが分かるケースなどがあります。

また、順調に成長をされている場合、成人になっても気づかれない、または気づかないまま過ごしていたところ、上記のように症状が突然出て、それから病院などを受診し、そのときにようやく、てんかんであった、と気づくケースなどもあります。

性格は優しい人などが多く、暴れるようなケースはあっても、これは病気によるものであり、脳の関係であり、決してその人が悪い人、ということはなく、治療がしっかりとなされていたり、適正な薬や環境、安心できる環境などがあれば、てんかんの方は、社会にきちんと適応でき、またしっかりと仕事などもこなせる、素質をお持ちの方たちです。

病気ときくと、怖いイメージですが、決してそんなことはありません。