てんかんの年齢層

てんかんと刑務官とプロポフォールについて

てんかんは、脳のニューロンの電気的発射により起きます。
てんかんは、日本全国に100万人以上の患者がいると考えられています。
現在の医療では、適切な治療を受ければ、多くの人が発作をコントロールすることが可能となっています。
ただ、2割の人は、薬でコントロールすることができない難治性てんかんです。
てんかんの検査で大事なのが、脳波の検査です。
てんかんは、脳のニューロンの電気的発射が原因で起こるので、脳波の検査で記録することができるのです。
脳波検査は、診断はもちろん、てんかんの発作型の判定にも使われます。
脳の外傷や脳腫瘍などを確認するために、CT検査やMRI検査を行います。
血液検査や尿検査も、てんかんの診断に必要です。
てんかんの発作は様々な原因により起こるので、原因を知るために血液や尿の検査もします。
けいれんなどの発作のために、職業について悩む人もいます。
特にパイロットや刑務官などの職業に就くのは、難しいと考える人が少なくないです。
プロポフォールは、医療分野において鎮静薬として使われています。
プロポフォールには、中枢神経抑制作用があります。
プロポフォールは、1965年にイギリスで発明され、ヨーロッパで全身麻酔に使う薬として広まります。
日本では、2001年から使われています。
現在では、100ヶ国以上の国で2億人以上の臨床使用経験を持つ薬として有名です。
プロポフォールは、速く効いて速く醒めるのが特徴です。
麻酔深度調節が簡単で、麻酔からの目覚めが早く、大気汚染が少ないことも特徴です。
プロポフォールには、全身麻酔薬として、多くの長所があります。
プロポフォールは、医師の管理下で適切に使用されれば、とても優れた麻酔薬なのです。